お問い合わせ

ASIA YOUNG DESINGER AWARD

AYDA / Asia Young Designer Award

日本ペイントグループが、アジア一円で開催している建築デザインの国際コンペティションです。多様な人々が豊かに自分らしく暮らす社会の実現を、建築・デザインの視点からどのようにアプローチできるかを考えています。
アジア各国の学生のみなさんが国をまたいで同じテーマに取り組み、審査はそれぞれの国で行います。最優秀者は賞金とは別に国際大会に参加していただき、自らのアイデアを各国から集まった建築家や学生に発表していただきます。著名な建築家からの直接の指導、国や地域を超えた交流の機会は、学生のみなさんにとっては、世界の建築・デザインを取り巻く状況を肌で感じられる貴重な経験になるでしょう。

Statement

日本ペイントホールディングスグループがアジア一円で展開するこの取り組みは、2008年マレーシアにおいてスタートしました。当初はわずか87名の応募者でしたが、今やアジア15の国と地域でエントリー総数が5000名を超える、アジアをまたぐコンペティションとして学生を始め各国のアカデミアでも一定のご認識をいただいております。日本においては、2013年に国際ワークショップ開催国として参加してから、本年で第6回目の開催となります。

建築デザインに関するコンペティションは世界でも日本でも数多く開催されていますが、私どもの開催するコンペティションは 非常にユニークです。一つは、私どものグループ力を活かしてアジア規模で開催していること。そしてもう一つは、グローバルに活躍する人材を育むことを目的としていることです。現代は、急速な技術革新や、経済や情報のグローバル化によって、人はますますボーダレスに活躍をしていく時代です。一方、社会に目を向けるとそれらの環境によって社会課題はさらに複雑化し、規模も拡大しており、解決の難易度が高まっています。様々な課題に立ち向かい、持続可能な社会を実現するためには、まずその問題を考えることのできる人材が必要です。「多様性を受け入れ、社会にまなざしを向けることのできる人」を世に送り出すことに開催の意義があると考え、この取り組みを各国で拡大して参りました。

賞金という形のみならず、各国の優勝者が集う「アジア学生サミット」を開催し、知的創造力が刺激される様々なしかけをしながら、各国の学生の皆さんが、共に学び、ディスカッションを通して互いの多様性を理解する場を提供しています。各国の著名な建築家やデザイナーの皆さんが、私どもの主旨をご理解いただき、ボランティアで、その学びの場で講義してくださっています。こうして生み出される大きな知の共有と、学生同士の互いの研鑽。その体験を通して、学生の皆さんが、本質を見る力や、問題に果敢に取り組む力を培い、未来を担う人材になってもらえればこれほど喜ばしいことはないと考えています。

テーマ

色のはたらき

色にはさまざまなはたらきがあります。
たとえば世界の国旗は、わずか2~4色ほどの色と形の組み合わせだけで、みごとに各国のアイデンティティを体現しています。あるいは世界遺産に指定されるような街には、その風景を印象付ける色があります。自然界の植生や農業がつくる風景に素晴らしさを感じる時、もしかしたら私たちはその多くを、色相が作り出す様相として認識しているのではないでしょうか。
また科学の世界では、色とは光線とそれを受ける形から生じる現象であり、哲学を紐解けばそれは感覚器の反応、つまり受け止める側に、主体の数だけ存在するものである。つまり色とは不変なものではなく、状態や感じる側によって変化し続ける、常に「流れている存在」と言えるかもしれません。
このコンペでは、そんな色のはたらきと私たちをとりまく空間が分かちがたく関係した、創造的な人間環境についての提案を求めます。建築でもインテリアでも、はたまたランドスケープでも、提案の規模は問いません。具体的なプログラムの有無も問いません。今の時代に人間が環境を創造することに、鮮やかな希望を持ち続けることのできるような提案を期待します。

課題

テーマに沿った提案をするための場所を一つ選び、建築化してください。表現は自由です。

応募資格

作品提出期間中に、大学院、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校に在籍し、建築、インテリアもしくはランドスケープを学ぶ18歳以上の学生であること。

※応募は一人につき1点までとします。 ※グループでの応募は不可です。

賞金

最優秀賞(1名)
・30万円
・アジア学生サミットへの招待(旅費滞在費含む)
・審査員事務所でのインターンシップ
※アジア学生サミットでの最優秀賞受賞者は、ハーバード大学のサマースクールに招待されます。(参加費・旅費・滞在費すべて主催者の負担)
優秀賞(2名)
・各10万円
・審査員事務所でのインターンシップ

スケジュール

登録締切=2018年10月16日[火]

提出期限=2018年10月26日[金]消印有効

審査基準

  • ・テーマに沿った提案があるか
  • ・具体的な場所や環境への提案を含んでいるか
  • ・場所の潜在的可能性をひきだせているか
  • ・社会の本質的課題にアプローチできているか
  • ・未来へのチャレンジがあるか

敷地のサイズ

  • インテリア部門 ~1,000㎡
  • 建築部門 ~10,000㎡
  • ランドスケープ部門 ~40,000㎡
  • ・提案の規模はインテリア、建築、ランドスケープに関わるものとする
  • ・提案している面積や規模、デザインの効果の大きさが具体的にわかるようにすること

応募方法

登録フォームから情報を登録してください。
登録いただいたメールアドレスに、登録番号をお送りします。

提出物

①プレゼンテーションシート
・サイズはA1サイズ 1枚、郵送でのみ提出可とします。
②写真
・直近の証明写真を提出してください。
③エントリーシート
こちらからダウンロードし、記入してください。
・フロアプランにおいて全てのエリアにエリア名を記載してください。
・提出物に使用する言語は日本語もしくは英語とします。
・応募作品には経歴や学校名は記載しないでください。
・応募する作品は本コンペ用のオリジナルの作品に限ります。

結果発表

受賞者には、11月中に個別にメールまたはお電話でご連絡をいたします。また、ウェブサイトにて、作品、氏名、所属・学部学科等、公開させていただく予定です。12月上旬に開催予定の授賞式にもご参加いただきます。

送付先

〒140-8675 東京都品川区南品川4-1-15
日本ペイントホールディングス株式会社 経営企画本部 AYDA事務局

留意事項

応募について
・応募作品は返却いたしません。
・作品は未発表作品に限ります。
・応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、ウェブサイトや雑誌への掲載に関する権利は主催者が保有するものとします。
・入賞後に著作権侵害等が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります。
最優秀賞について
・最優秀賞者はアジア学生サミットへの参加にあたり、事前にプレゼンテーションの準備をしていただきます(英語でのプレゼンテーションとなります)。詳細は入賞者決定後に事務局より連絡します。
中川 エリカ

審査員長

中川 エリカ

なかがわ えりか/1983年東京都生まれ。中川エリカ建築設計事務所代表、東京藝術大学、法政大学、芝浦工業大学、日本女子大学非常勤講師。2005年横浜国立大学建設学科建築学コース卒業。2007年東京藝術大学大学院美術研究科建築設計専攻修了。2007年~2014年オンデザイン勤務。2014年~2016年横浜国立大学大学院(Y-GSA)設計助手。主な作品に「ヨコハマアパートメント*」(2011年度JIA新人賞、第15回ヴェネチアビエンナーレ国際建築展 国別部門特別表彰)「コーポラティブガーデン*」「ライゾマティクス新オフィス移転計画」「桃山ハウス」(住宅建築賞2017金賞)など。
*は、西田司/オンデザインと共同設計。

藤原 徹平

審査員

藤原 徹平

ふじわら てっぺい/建築家、横浜国立大学大学院 YGSA准教授、フジワラテッペイアーキテクツラボ 主宰。1975年横浜生まれ。横浜国立大学大学院修了。2001年より隈研吾建築都市設計事務所勤務、同事務所設計室長・パートナーを経て2012年退社。2009年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、2010年よりNPO法人ドリフターズインターナショナル理事、2012年より横浜国立大学大学 准教授、2013年より宇部ビエンナーレ審査委員。主な建築作品に『等々力の二重円環』『代々木テラス』『葵メディカルアカデミー』など。『那須塩原市 (仮称)まちなか交流センタープロポーザル』で最優秀賞を受賞。

中山 英之

審査員

中山 英之

なかやま ひでゆき/福岡県生まれ。東京藝術大学大学院終了後、2000年より伊東豊雄建築設計事務所勤務。2007年 中山英之建築設計事務所を設立、2014年に東京藝術大学美術学部建築科准教授に就任、現在に至る。主な作品に、「2004」、「O 邸」、「Yビル」「石の島の石」「弦と弧」など。主な受賞に,SD Review 2004 鹿島賞,第23回 吉岡賞、第1回六花の森Tea House Competition最優秀賞、D&AD Award、Red Dot Design Award (best of the best),Printmaking Studio /Frans Masereel Centrum プロポーザル 1等。主な著書に、『中山英之/ スケッチング』(神戸芸術工科大学デザイン教育研究センター編,新宿書房)、『1 / 1000000000』(LIXIL出版)など。

事前登録フォーム

登録いただいたメールアドレスに、エントリーIDをお送りいたします。発行されたエントリーIDを、「応募用紙」および「提出物」に記入してください。


※通常、3営業日以内にご返信をさせていただいておりますが、返信が無い場合はお手数ですが、お問い合わせフォーム、もしくはメールにてご連絡いただきますようお願いいたします。
事務局:info.ayda@nipponpaint.jp

AYDA2018 スペシャルトークセッション

テーマ=新しいコンペのありかたについてはなしてみる

登壇者

中川エリカ
AYDA2018 審査員長/建築家/中川エリカ建築設計事務所代表
中山英之
AYDA2018 審査員/建築家/中山英之建築設計事務所代表
古平正義
アートディレクター・グラフィックデザイナー

司会

藤原徹平
AYDA2018 審査員/建築家/フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰
  • 日時=2018年8月4日[土]17:30〜18:30(17:00開場)
  • 場所=「喫茶ランドリー」 東京都墨田区千歳2-6-9 イマケンビル1階
  • 定員=50名(申込制・先着順)
  • 参加費=無料

AYDA2018の審査員である建築家 中川エリカ氏、藤原徹平氏、中山英之氏、並びにAYDA2018のポスターやウェブサイトのデザインを手がけたアートディレクター 古平正義氏をゲストに迎え開催します。AYDA2018テーマである「色のはたらき」の視点も交えながら、「新しいコンペのありかた」をテーマにトークセッションを行います。建築やデザインを学ぶ学生の皆さん、業界の第一線で活躍する建築家、デザイナーの声を聴ける貴重な機会です。

ご参加希望の方は、下記よりお申込みください。

お名前
メールアドレス

※通常、3営業日以内にご返信をさせていただいておりますが、返信が無い場合はお手数ですが、お問い合わせフォーム、もしくはメールにてご連絡いただきますようお願いいたします。

事務局:info.ayda@nipponpaint.jp

プライバシーポリシー

個人情報の取扱い
日本ペイントグループ各社は、当社が定める情報管理規定の定めにしたがい、個人情報保護法をはじめとする関連法規・基準を遵守し、個人情報を適切に取扱います。
個人情報の利用目的
日本ペイントグループ各社は、以下の場合にお客様の個人情報を取得・利用いたします。
  • 日本ペイントグループ各社の製品・サービスの販売・発送およびご提供のため
  • 日本ペイントグループ各社の製品・サービスに関する各種サポートご提供のため
  • 日本ペイントグループ各社の製品・サービスに関するアンケートや調査のため
  • 日本ペイントグループ各社の製品・サービスに関するお問い合わせ・ご要望への対応のため
  • 日本ペイントグループ各社の製品・サービスに関連するご案内・お知らせのため
  • 日本ペイントグループ各社の製品・サービスの開発・改良・品質向上等のための社内資料として利用するため
個人情報の第三者提供
日本ペイントグループ各社は、上記利用目的に沿って、保有する個人情報を第三者に提供することがあります。
第三者への提供停止を希望される場合は、個人情報を保有・利用する担当部門にお申出ください。
また、次の場合、当社は個人情報をご本人の事前の同意を得ずに、開示することがあります。
  • 国や地方公共団体等(警察、裁判所等)より、法令に基づく正式な照会を受けた場合
  • 人の生命・身体、財産保護のために必要で、ご本人の同意を得ることが困難な場合
  • 国の機関、地方公共団体、またはその委託を受けた者から任意に提出を求められた場合で、本人の同意を得ることで、これらの者の事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合
個人情報に関するご請求・苦情の受付け窓口
日本ペイントグループ各社が保有する個人情報についての開示・訂正・削除・利用停止・第三者提供停止請求および苦情は、個人情報を保有する各部門までお申出ください。個人情報を保有する部門が分からない場合は、次の「一括受付窓口」までお申出ください。

《一括受付窓口》

日本ペイント株式会社 お客さまセンター

〒140-8675 東京都品川区南品川4-1-15 TEL:03-3740-1120

制定日2018年4月1日

SNSポリシー

日本ペイントホールディングスグループ
ソーシャルメディア公式アカウント運営方針

■ 目的
日本ペインホールディングスグループ(以下「当社グループ」といいます)は、当社グループの事業活動、取り組み、イベントの更新情報等を発信することを通じ、皆さまの当社グループへのご理解を深めていただくことを目的として、ソーシャルメディアの公式アカウント(以下「公式アカウント」といいます)を使用します。情報発信にあたっては、本方針を定め、これを遵守します。
なお、本方針は、日本ペイントホールディングス株式会社又はその子会社が公式に運営している後記の各アカウントに適用されるものとします。
■ 基本方針
公式アカウントは、関連法令や社内ルールを遵守し、良識ある社会の一員として誠実に発言します。
なお、公式アカウントによる情報発信は当社グループ公式ウェブサイトの補助的な情報発信と位置付け、当社グループの公式発表・見解については、公式ウェブサイトでお知らせします。
■ 運営方法
当社グループは、公式アカウントを以下の通り運営いたします。ただし、運営方法は、予告なく変更する場合があります。
1.発信する情報
当社グループは、公式アカウントにて以下の情報を発信します。
・公式ウェブサイトにおけるコンテンツ更新情報
・各種活動、イベント等に関する告知、情報
・その他当社グループに関係する情報
2.返信・コメント等への対応
当社グループは、公式アカウントに寄せられたコメントやメッセージのすべてに対して返信をするわけではありません。公式アカウントの発信とは関係ない質問、ダイレクトメッセージによるご質問には原則として返信を行いません。
また、以下に掲げるような不適切な返信・コメント等に当たると当社グループが判断したものについては、投稿者への予告・承諾の取得を行わずに削除する場合があります。
利用者から公式アカウントに投稿されたコメント等の内容については、利用者が発信したものなので、当社グループは責任を負いかねます。内容についてのご意見やお問い合わせは、直接、投稿された利用者にご連絡ください。
・法令に反するもの
・公序良俗に反するもの
・犯罪行為等を誘発・助長するもの
・第三者に損害または不利益を与えるもの
・第三者を誹謗中傷しているもの
・他のユーザー、第三者等になりすますもの
・第三者の特許権、意匠権、著作権、商標権、肖像権その他の権利を侵害するもの
・政治・宗教・営利活動等を目的としているもの
・記載された内容が虚偽または著しく事実と異なるもの
・当社グループの発信する内容の一部または全部を改変したもの
・投稿者または第三者の商品・サービス等の広告・販売促進等を目的とするもの
・公式アカウントの運営を妨害する執拗な投稿を繰り返すもの(スパム行為等)
・有害なプログラム等を拡散するもの
・その他、運営上、不適当であると判断されるもの
3.ブロック等の措置
当社グループは、前項に掲げる不適切な返信・コメント等に当たると当社グループが判断した投稿を行う方を一次的または恒久的にブロックする場合があります。
■ 知的財産権等
1.公式アカウントに掲載されている記事・写真・イラスト・音声・動画等に関する著作権、肖像権その他の権利は、当社グループまたは正当な権限を有する者に帰属します。ただし、公式アカウントに掲載された記事に対する「リツイート」「シェア」等の共有は自由にご使用いただくことができます。なお、出所を明記しての転載も可能です。
2.公式アカウントに対していただいたコメント等の著作権等は、投稿した方に帰属しますが、投稿された内容を当社グループが無償で非独占的に利用する(編集、抜粋、複製、公開、翻訳などを含みます)ことを許諾したものとします。
■ 免責事項
1.公式アカウントから発信される情報は、正確性・完全性が常に担保されているものではありません。
2.公式アカウントに掲載されている情報に誤りがあった場合、または変更・削除をしたこと、もしくは変更・削除をしなかったことによって皆さまに損害、損失、費用、負担等が発生した場合でも、当社グループは何ら責任を負うものではありません。
3.公式アカウントを中断、廃止等したことによって、皆様に損害、損失、費用、負担等が発生した場合でも、当社グループは何ら責任を負うものではありません。
4.公式アカウント内で、コンピューターウィルス等有害なプログラムによる被害において生じたいかなる損害に対しても、当社グループは何ら責任を負うものではありません。
制定日 2018年4月1日

ASIA YOUNG DESIGNER AWARD 2018

テーマ

色のはたらき

登録締切=2018年10月16日[火]
提出期限=2018年10月26日[金]消印有効

賞金

最優秀賞(1名)
・30万円・アジア学生サミットへの招待(旅費滞在費含む)
・審査員事務所でのインターンシップ
※アジア学生サミットでの最優秀賞受賞は、ハーバード大学のサマースクールに招待されます。
(参加費・旅費・滞在費すべて主催者の負担)
優秀賞(2名)
・各10万円
・審査員事務所でのインターンシップ

審査員長

中川エリカ
AYDA2018 審査員長/建築家/中川エリカ建築設計事務所代表

審査員

藤原徹平
AYDA2018 審査員/建築家/フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰
中山英之
AYDA2018 審査員/建築家/中山英之建築設計事務所代表

Asia Young Design Award(AYDA)は、日本ペイントグループが、アジア一円で開催している建築デザインの国際コンペティションです。多様な人々が豊かに自分らしく暮らす社会の実現を、建築・デザインの視点からどのようにアプローチできるかを考えます。
アジア各国の学生のみなさんが国をまたいで同じテーマに取り組みます。審査はそれぞれの国で行い、最優秀者には賞金とは別に副賞として国際ワークショップに招待します。
著名な建築家からの直接の指導、国や地域を超えた交流の機会は、学生のみなさんにとっては、世界の建築・デザインを取り巻く状況を肌で感じられる貴重な経験になるでしょう。
自身のアイデアを世界に向けて発信していく場として、ぜひ挑戦してみてください。

AYDA2018 スペシャルトークセッション

  • 日時=8月4日[土]17:30〜18:30(17:00開場)
  • 場所=「喫茶ランドリー」 東京都墨田区千歳2-6-9 イマケンビル1階
  • 登壇者=中川エリカ氏/中山英之氏/古平正義 司会=藤原徹平氏

詳細はこちら

AYDA 公式Twitterアカウント

ayda_japan

Copyright © NIPPON PAINT HOLDINGS Co., Ltd. All Rights Reserved